リスカの傷跡を消す方法

後悔を希望に変えるために…

リスカ 後悔

 

 

様々な事情が重なって、
そうせざるを得なかった…

 

 

 

一時期の気の高ぶりとはいえ、自傷行為に及んでしまい、
あとになって後悔している人は、あなただけではありません。

 

せっかく与えられた命で、一度きりの人生です。
精一杯、前向きに明るく生きたほうがいいに決まってますよね。

 

なかなか消えることのない、リストカットの傷跡、消してしまいましょう。


リスカの傷跡を消す方法

リストカットの傷跡を消すための方法として、主に以下の方法が挙げられます。
それぞれの症状やご予算に合わせて対処されると良いと思いでしょう。

 

 

市販薬

シリコンジェルによる治療

レーザーによる治療

切除縫合手術

リスカの傷跡を隠す方法

化粧品によるメイクやファンデーションテープなどを使うことで、目立つ傷を安価で覆い隠すことができます。

 

現在では、皮膚に負担をかけにくく、なおかつ薄くて一見見ただけでは傷跡だと分からない優れたものもあります。

 

対症療法にはなりますが、安価で取り掛かれるのが大きなメリットです。
傷跡を治す方法と並行して、上手に傷跡を隠していくと良いでしょう。

 

 

メイクで隠す

コンシーラーで隠す

アームカバー

 

ファンデーションテープ

リストカットの傷跡を目立たせない方法まとめ

リスカの傷跡を消す(隠す)ためには、主に以下の方法があります。
包帯や絆創膏、テーピング
メリット安価で隠すことができる。
デメリット夏服では目立ってしまう。 毎日傷跡をみて隠す事になるので、根本的な解決とは言えない。
ファンデーション
メリット安価で隠すことができる。
デメリット傷跡がたくさんあったり、傷が深いものだと隠しきれない。 毎日傷跡をみて隠す事になるので、根本的な解決とは言えない。
切除縫合による手術
メリットリストカットの傷跡とは思われなくなる。(別の傷だとごまかせる)
デメリット高額な手術費がかかる。 縦に縫合痕の傷が残り、かえって目立つこともあるかもしれない。
レーザーによる手術
メリット傷跡がかなり目立たなくなるので、今後隠す必要がなくなる。 傷跡から解放されることによって、精神的なストレスから解放される。
デメリットある程度の手術費がかかってしまう。

リストカット傷跡対応 オススメ美容外科

根本的な改善を考えるなら、傷跡を消すためのレーザー手術をお勧めします。

 

しかし、調べてみると分かりますが、「リストカットの傷跡の治療」を積極的に行っている美容外科は驚くほど少ないのが現状です。

 

改善技術が乏しい、ニーズが少ない、あまり表立って宣伝しにくい、など様々な事情も考えられますが、施術する側にとっても扱いにくい症状なのかもしれません。

 

そんな中で、いくつかの美容外科がリストカットの傷跡治療のための窓口を設けておりますので、以下に紹介いたします。

 

無料でメール相談やカウンセリングなどもしてくれますので、気になっていらっしゃる方は、まずは問い合わせてみてはいかがでしょうか?

 

池袋サンシャイン美容外科

池袋サンシャイン美容外科

池袋サンシャイン美容外科の特徴

最新レーザー機器のスターラックス1540を装備して、リストカットの傷跡治療を積極的に行っています。多くの症例に対応しています。
テレビや雑誌などのメデイアでよく取り上げられていることの多い、有名な美容外科で評判も良いです。
無料カウンセリング実施中

場所 東京 池袋/福岡県福岡市/栃木県足利市
評価 評価5
備考 リスカの傷跡に積極的に対応
城本クリニック

リストカット傷痕|城本クリニック

城本クリニックの特徴

全国に30店舗近くある、大手の美容クリニック。
傷跡修正の治療も専門的に行っております。
リストカットの傷痕に関しても対応してくれますが、実際の傷跡の状態によって対応が異なってきます。
まずは無料のメール相談や、カウンセリングを活用してみることをお勧めします。

場所 全国27院
評価 評価4
備考 東北地方:郡山市、関東甲信越:10か所、中部地方:5か所、北陸地方:金沢・富山、関西地方:大阪・京都・姫路、中国地方:岡山、四国地方:松山、九州地方:福岡、長崎
シロノクリニック

リストカット傷痕|シロノクリニック

シロノクリニックの特徴

特にレーザー治療に長けたレーザー治療専門クリニックです。
シミやニキビ跡などが中心ですが、症状により傷跡治療にも対応してくれます。
こちらも実際カウンセリングで傷跡の症状を診てもらってからどうするか決めると良いでしょう。

場所 恵比寿/銀座/池袋/横浜/大阪
評価 評価4
備考

 

 

 

リスカの傷跡が消えない理由と、それを乗り越えるために…

経験がある人も多いと思いますが、傷跡は紙のような細いもので切った時は、治るのも早いです。傷跡も残りません。

 

しかし、カッターは紙と比べると厚みがありますので、やはり傷跡も残りやすくなります。でも、1回だけなら傷もほとんど残らずに完治するでしょう。

 

問題となる消えなくなるリストカットの傷というのは、自傷行為に駆られる事によって「何度も」「繰り返し」複数回のリストカット行為に及んでしまうことです。

 

それによって、傷の上にまた傷を重ねる事になり、重なった傷は治りにくくなってしまいます。そして、傷をダブらせることで古い傷が盛り上がって再生するようになるので、元の平らな肌に戻りにくくなるのです。

 

ちょっと話がずれますが、病気や献血などで、注射針を腕に差します。
これが1回きりなら傷跡も残りませんが、定期的にしょっちゅう注射をするようになると、腕に注射針の痕が残るようになり、やがて傷跡は消えなくなってしまうのです。

 

いずれにしても、一度消えなくなってしまったリストカットの傷跡は、放っておいても元の状態に戻すのは難しいのが現状です。

 

 

しかしながら、できてしまったものは仕方ありません。
してしまったことは、仕方ありません。
誰でも、つらい過去なんて一つや二つ、抱え込んでいるもの。

 

大切なのは、過去を乗り越えて、「現在(いま)」を生きること。
そして、「未来に向けて」生きることですよね。

 

当サイトでは、傷ついたあなたが まずは気持ちを前向きにして、新しい一歩を歩まれることを応援しております。

 

 

リスカの傷跡を消す方法