リスカ跡除去の救世主?スターラックス1540の仕組み

スターラックス1540

スターラックス1540は、フラクショナルレーザーと呼ばれる種類のレーザー治療器です。

 

その特性により、ニキビ跡やリストカットの傷跡など残ってしまっている消えない傷跡を目立たなくさせる効果があります。

 

 

 

 

 


フラクショナルレーザーとその治療方法について

フラクショナルレーザーは、レーザーを肌のより深くまで浸透させることで、今まで治療が難しかった深めの傷痕の修復などにも効果があります。

 

レーザーにより、皮膚に目に見えない細かい穴を開け、熱により皮膚が収縮し、皮膚の再生が行われます。

 

 

フラクショナルレーザーによる傷跡修復の流れ

 

リスカ傷跡 レーザー治療の経過

 

 

  1. ①傷跡により、皮膚の内部が不均一なために、肌のハリや艶が損なわれている状態
  2. ②レーザーを照射し、皮膚に目に見えない小さな穴を空けます
  3. ③皮膚の自己再生能力によって徐々に穴が修復されます
  4. ④穴の修復に伴い新陳代謝が促され、皮膚内部の細胞分裂が活性化されます
  5. ⑤穴の完全治癒が行われ、周囲も均一に細胞が分布され、元の肌に近い状態に戻ります

 

 

レーザー照射後に肌が赤くなったり、腫れたりする期間(ダウンタイム)がありますが、その分 治療効果も高くなります。

 

日が経つにつれて消えていくので心配しなくても大丈夫です。

 

通常、1回の治療で患部肌の10%~20%程度を入れ替えて行きます。
レーザー照射治療と再生を繰り返すことで、新しい素肌に入れ替わっていくことになり、再び張りのある美肌に戻って行きます。

 

目安は、月に1回のペースで5回照射していくことで、傷跡の凹凸がかなり目立たなくなります。

 

スターラックス1540の特色

スターラックス1540

従来主流だったフラクショナルレーザーの「フラクセル」は、施術中に結構な痛みが伴います。

 

そのため、施術前に患部にジェルなどを塗ることで、痛みを抑えるなどの必要がありました。
それでも、人によってはその痛みに耐えられないといったケースもありました。

 

スターラックス1540では、フラクセルに比べ、レーザーの質と精度が格段に上がることで、少ない照射でより効果的な施術が可能になりました。

 

そのため、施術中の痛みの劇的に軽減され、ジェルなどを塗る必要もありません。

 

照射するヘッドは、丸くて小さく、均等に細かいところまで照射することが可能です。

 

1540nm(ナノメートル)という長い波長で深くまでレーザーが浸透するため、深い真皮層からの皮膚の再生、コラーゲンの生成が長期間持続することで、消えにくいリストカットや深い傷跡に対しても改善効果が高まりました。

 

また、ヘッド部分は冷却しているので、皮膚の表面が冷やされ痛みが軽減されます。

 

痛みには個人差はありますが、日焼けした後のヒリヒリした感じという応えが多く、初期タイプのフラクショナルレーザーと比べると痛みは驚くほど軽減されたと言えるでしょう。

 

 

スターラックス 治療例02
スターラックス1540による治療例
※池袋サンシャイン美容外科より

 

 

 


リスカ跡除去の救世主?スターラックス1540とは 関連ページ

市販薬
リストカットの傷跡は放っておいても一生付きまとうものです。 リストカット痕を消す薬はあるのでしょうか?
シリコンジェル
なかなか消えにくいリストカットの傷跡(傷痕)ですが、ちまたで話題の傷痕治療用ジェルが効果を発揮してくれるようです。
レーザーによる治療
なかなか消えないリストカットの傷跡(傷痕)。 最新医療で治していきましょう。 オススメはレーザーによる治療です。
切除縫合手術による方法
リストカットの傷痕を消す方法の一つとして、レーザー治療以外にも形成外科等で切除縫合手術による方法もあります。