リスカの傷跡をメイクで隠す方法

リスカによる傷跡をメイクで隠す

アームカバーで傷痕隠し

リスカの傷跡を見られると、相手の対応が変わってしまうこともあります。
たとえこちらが気にしていなかったとしても、往々にして自分に対する相手の対応が悪くなるのは、とても煩わしいものです。

 

リスカの傷跡、上手に隠したいものですよね。
メイクで隠す簡単な方法をご案内します。

 

 

 

化粧下地を利用

こちらで紹介するのは、化粧下地を利用して簡単に隠す方法。

 

最近の化粧下地は上質なものが多く、光を上手に拡散してくれるので、傷跡もかなり見えにくくしてくれます。
たかが化粧下地と思ってあなどってはいけないですね(笑)

 

 

① コントロールカラーを肌になじむように少し多めに塗る
② 余分な部分をティッシュでふき取る

 

たったこれだけです。

 

色味が人によって違うと思いますので、コントロールカラーを塗る前にコンシーラー等で色味を調整する必要もあるかと思いますが、やっていくうちにコツもつかめるかと思います。

 

 

リスカの傷跡をコンシーラーで隠す

 

 

 

 

 


リスカの傷跡をメイクで隠す方法関連ページ

コンシーラーで隠す
手軽に傷跡を隠せるのがコンシーラー。特に外出先でもさっと隠せる携帯用コンシーラーが人気です。
傷跡隠しテープ
リストカットの傷跡はなかなか消すことができません。傷跡を隠すために便利な傷隠しテープを紹介します。
アームカバーなど
なかなか消えないリストカットの傷跡。 まずは人から見えないように隠しましょう。 手軽なのは、アームカバーなどで隠す方法です。