「メンヘラ女子」の特徴とリストカット

メンヘラ女子とリスカ

最近は出会った時には普通そうに見えた彼女が「メンヘラ女子」だったというケースも珍しくないようです。

 

メンヘラ女子とは精神が病んで精神科(心療内科)に通っている女性や通っていなくても日常的に精神的な不安定さが目立つ女性のことを指します。

 

わかりやすい特徴は日常的に気分の浮き沈みが激しさです。些細なことで落ち込んだり、かと思うと制御できないほどイライラして周囲に当たり散らしたりするので、周囲の人はその落差の激しさに困惑してしまいます。

 

また、自己中心的で常軌を逸した寂しがり屋であり、周囲の人に常に自分のことを考えて欲しいと思う傾向にあります。いわゆる「かまってちゃん」です。

 

恋愛においては彼氏への異常な執着として表面化し、「愛されたい」という欲求が暴走することが多いようです。

 

メールやSNSで彼氏の行動を逐一チェックして束縛するとともに、メールやLINEなどで相手の迷惑を顧みずに四六時中連絡を取ろうとし、返信しないと不機嫌になってしまいます。

 

ときには精神の不安定さからリスカ(リストカット)のような自傷行為に走ることも少なくありません。でも、実際に死ぬ勇気がでないケースが多いようです。

 

自分の血液を見ることで、生きている実感を得たいというケースや、構ってくれない彼氏を心配させて自分に目を向けさせようとしてリスカを実行しまう、などの理由が挙げられます。

 

自分自身にそんな傾向があることを自覚されているようであれば、もう少し自分自身を客観的に見つめ直し、自分が幸せに生きるためにも周囲の人たちと適切なコミュニケーションが図れるように意識し、行動されてみると良いでしょう。

 

 

逆に、あなたが男性で、自分の恋人やパートナーがメンヘラ女子の傾向が強いケースの場合、優しい性格の男性ほど、彼女に振り回されて自分の生活を犠牲にしやすく、男性側も精神を病んでしまうケースもあるようです。

 

交際している彼女に上記のような特徴が見られる場合には一人で背負い込まずに家族や医師に相談しながら対処していくほうがよいでしょう。


「メンヘラ女子」の特徴とリストカット 関連ページ

リストカットをしてしまった理由
それでもあの時は、そうせざるを得なかった… リストカットをしてしまった様々な理由とは?
リスカ傷跡による苦難の証言
リスカの傷跡によって、嫌な思いをした経験のある方も多いでしょう。 そんな嫌な思いを吐き出してみませんか?
傷跡なんて開き直れば?
リスカの傷跡なんて開き直ってそのままにしたら?という意見もあります。 ありがたい意見ですが、素直にそのままにするのって、どうなのでしょうか?
リストカット関連の本の紹介
知識は生きるための助けになります。 リストカットにまつわる知識をまとめた本のご紹介コーナー
リスカの傷跡のかゆみへの対処
リストカットの傷跡は、時にかなりのかゆみを伴います。 そんなリスカの傷跡のかゆみへの対処をご紹介します。
リスカの傷跡を疑われた時の言い訳
リスカの傷だとバレてしまうと色々と面倒なことが起こります。でも、上手に言い訳を言えば疑いをかわすこともできます。
リスカの傷跡がバレにくい仕事
残念ながら、リスカの傷跡があるだけで、採用を取り消す会社があるのが現状です。また、半袖制服が決まっている会社も嫌ですよね。傷跡がバレにくい仕事はどんなものがあるのでしょう。
色で分かる3タイプの傷跡
傷跡には色を見て大きく分けて3タイプに分けられます。 それぞれの特徴と対処法をまとめてみました。
リストカット傷跡治療の料金
リストカット傷跡治療の料金は幾らくらい掛かるのでしょうか? また、レーザーの複数回治療は必要なのでしょうか?
リストカット傷跡 病院選び
リスカの傷跡を病院に見てもらうのはちょっと勇気がいりますよね。まずは病院の選び方をご紹介します。